居住者の声

サービス

アクセスマップ

[ 所在地 ]
静岡県熱海市伊豆山1130-20

[ 交通機関 ]
JR東海道本線「熱海駅」より約4.8km
車で約11分
「熱海駅」よりバスで約23分
バス停「七尾原」下車徒歩約1分

古城 君代 様

私は、76歳で中銀ライフケア伊豆山12号館に入居し6年目に入ろうとしています。夫の退職後名古屋から伊豆の城がア海岸で老後を過ごしておりましたが、矢継ぎ早に夫と息子を亡くし寂しさと不安にさいなまれる日々。そんな時「中銀」の案内がポストに・・・一瞬光が射し救われた思いでした。当初腰掛け的な気持ちで賃貸契約し不安は解消され、安全は確保されるも何か物足りなさを感じながら1年半を過ぎる頃、この館の親切なお勧めでもっと日の当る、とっても眺めの良い部屋を購入しました。その一言が無かったら私は12号館を後にしていたかもしれません。私の部屋から目の前に横たわる伊豆の山々、眼下にきらめく海、遠く霞む島々に癒され、暫し時を忘れてしまいます。これぞ真の終の棲家です。

【何が私を魅きつけたか】
1 集合体の良さをしみじみ味わった。周囲の温かさ、いつも誰かが傍らに居る安心感
2 年中行事を大切にし、年と共に忘れられてゆくものを思い起こさせてくれる。
3 24時間常住の看護体制・・私も二度ご厄介になり、その時のスピーディな対応と契約による夜半の巡回サービスの享受等一層安心感を覚えました。
4 災害(地震・水害)に対して安全地域である。
5 何より三度の食事が美味しいこと。栄養価を考えたメニュー、新鮮な食材で創意工夫された味付けと盛り付け。時にはチーフコックのお楽しみメニューや特別献立には舌鼓を打ちます。

ここがどんなに良い所か住んでみて判ります。是非一度見学にいらして下さい。

安藤 幹(みき)様

早いもので中銀ライフケア伊豆山12号館の居住者となりまして今年(2019年)で一年になります。主人亡き後、長らく独居の生活でしたが、80歳も半ばを迎えようとした頃より何故か心に秋風を感じるようになり、それを察知した娘夫婦が医師という立場で収集した情報をもとに「中銀ライフケア伊豆山12号館」への入居を配慮してくれました。見学の折、受けた印象は「明るくあったかな雰囲気の高齢者専用マンション」でした。特に大食堂にはコミニュケーションの場を感じました。結果は早速入居の手続となりました。


【住んでみて良かった点】
①眺望の素晴らしさ
四階の部屋より目に入る景色の美。銀色に輝く海原。直ぐ身近には小鳥の遊ぶ緑豊かな林。遠景には四季折々の彩り展開の伊豆の山々。これからの人生を、このような自然美に囲まれた環境で過ごせることは幸せに思います。
②配慮された生活
・新年会を始めとしてクリスマス会迄の時節毎の幾つかの行事。これらの行事を通じて拡がる親睦の輪
・健康管理として医務室があり、栄養バランスを考慮した食事献立。これは感謝。
・温泉湯の大浴場。これは魅力
・多様なサークル活動。これは楽しい。

結論として、中銀ライフケア伊豆山12号館とご縁のありましたことをうれしく思って居ります。

井上 隆夫 様

私は、2018年3月にライフケア伊豆山12号館に入居し、僅か2カ月後に大病を患い、二度に渡り入院・手術をする羽目になり、12号館のスタッフ皆様の手厚いサポートの甲斐もあり元気を取り戻すことが出来ました。又居住者皆様の温かいご支援には心を打たれました。ケアマンションの素晴らしさと、有難さを身をもって体感しております。終の棲家として、素晴らしい環境の下で、素晴らしい人たちに囲まれて、穏やかに暮らしたいと願っております。


【購入の理由】
私は、2018年3月に入居する前に、事情により二人の子供達と別居する事となり一人は別居独立、一人は連れ合いの転勤に伴い家族で外国へ移住する事となりました。為にライフスタイルの変更に迫られて一年掛かりで移住先を探していた所、娘が手頃で良い物件があると探してまいりました。熱海は東洋のモナコとも称され、関東の軽井沢、神奈川の箱根に並ぶリゾート地で海の見える景勝地で申し分なく、三食付きで24時間看護師が常駐している事と、なによりも郷里が近く、首都圏近郊の仲間とも短時間で会える事が決め手となりました。最終的には娘たちに強く背中を推されて決心致しました。

お問い合わせ・資料請求 0557-88-0111 お問い合わせ・資料請求はこちら

このページのトップへ