居住者の声

サービス

アクセスマップ

[ 所在地 ]
静岡県熱海市伊豆山1130-20

[ 交通機関 ]
JR東海道本線「熱海駅」より約4.8km
車で約11分
「熱海駅」よりバスで約23分
バス停「七尾原」下車徒歩約1分

村山 一 様

私は、20年程前、中銀ライフケアの営業担当者の方に連れられて、
伊豆山12号館の現在住んでいる部屋に案内され、このお部屋は如何で
すか、と勧められ、一際明るいベランダに出てみると、眼前に広がる海・
山・遠く伊豆七島の一部まで望める絶景に、言葉にならないほど感激し
ました。
また、太陽は燦燦と陽光が部屋の中程まで降り注ぐなど、周囲の自然
環境に圧倒され、この部屋が最高と即座に決めたのを今でも覚えており
ます。

23年前に妻を亡くし、息子夫婦に世話になることを躊躇していた私には絶好の場所、日常生活に於いても、食事・健康管理、居住されている大勢の方々との交流など、満たされた生活に満足しておりましたが、昨年4月、息子夫婦から、親父も90歳を過ぎたから、そろそろ帰ってきては、との話があり「老いては子に従え」の諺通り同居の決断をして前橋に転居しました。20年間、中銀スタッフの皆さん、何よりもメンバー皆さんとの交流の温かさを振り切って前橋に帰りました。
  新らしい土地に早く慣れる努力をしました。決して前橋の生活に不満があった訳ではありませんが、どうしても長年過ごした伊豆山の生活環境、またメンバー皆さんとの楽しかった思い出が忘れられず、転居から3ヶ月ほど過ぎたある日、伊豆山の部屋の状況を確認したところ、幸いにして部屋もそのまま残っていましたので、7月早々に伊豆山の館に戻ってきました。
  「年寄りの出戻り」でしたが、メンバーの皆さんも歓迎して下さり、お陰様で94歳、残りの人生をこの館(12号館)で楽しみたいと思っております。

遠山 碧 様

私たち夫婦は、終の棲家を求めて2年前に当館に移住しました。 子供のいない私たちは老後にさまざまな不安を感じており、少しでも、その不安感が解消される場を求めていました。 不安の一つが住まいと生活のあり方の問題でした。私たちはさまざまなタイプの老人ホームなどの施設の情報を集めましたが、知人から、ここ中銀ライフケア熱海[伊豆山]12号館を紹介され、見学に参り、一ぺんに気に入り、あまり間をおかずに入居の手続をとりました。


【住んでみて良かった点】
1.食堂で食事を提供してもらえる。それも栄養バランスのとれた食事。季節を考えた食材を使い、見た目にも食欲をそそる盛り付け。
2.健康管理の為にナースが24時間常駐し、入居者の体調管理に気を配っている。
3.職員の皆さんの親切な対応
4.交通が便利。当館からは1日に6回、マイクロバスが熱海駅などに出ている。また、館前にバス停があり、路線バスも利用できる。
5.私にとっての最高の”おもてなし”は何といっても12号館からの眺望のすばらしさ。眺めているだけで気力が湧き、新たな意欲が湧いてきます。
部屋からは眼下に広がる相模湾の美しい海が陽光を浴びてきらめき。そこに浮かぶ初島、その右奥には大島、利島、新島、ときには三宅島を望むことが出来ます。
また、目を転ずれば伊豆の山々、なかんずく天城連山が延々と連なり眼下の青海原とともに一大パノラマがくり広げられます。
景観は刻々と変化し、満月の時などは海が銀色に輝き、波間に浮かぶ初島があたかも海に漂う舟の如き感を呈します。
そして、ここ海抜320mに位置する伊豆山12号館から視線を下に移せば、白いコンクリートの建物などを緑が圧倒し、秋ともなれば周囲の山々は、黄、赤、茶など、さまざまな色彩に包まれ散歩を楽しませてくれます。
以上伊豆山12号館の特徴をいくつか挙げてみました。
皆様もぜひ一度訪れてみてください。

石田 敏 様

私は昭和59年に島根県の松江市から、此処、熱海市の中銀ライフケア12号館に入居致しました。
当時は「ライフケア」という呼称は珍しく、たまたま新聞に中銀の紹介記事が掲載されていたのと、テレビ番組の老人施設紹介で、男性の俳優が訪問するのを興味深く見ました。そして、その直後、銀座の本社へ出状。パンフレット等を送っていただき、また熱海へ出かけて、実際に物件を見分して購入致しました。
当時、私は58歳で夫は早逝しておりましたので、1年間は時々熱海へ出かけ、日常生活を体験し、昭和59年6月常住となりました。

移り住んで29年になりますが、その間、来なければ良かったなどと後悔した事は一度もありません。終の棲家を定める事ですから、熟慮の上、購入しました。

【購入の理由】
1.部屋から眺める景色がすばらしい事。標高330mの伊豆山上から見渡す伊豆の海、大島、初島、伊豆の山々が一望出来、また、四季折々の自然も楽しめます。冬の朝日、満月の夜、また、樹々の移ろい、雪・月・花を同時に観た事もありました。
2.東京・横浜方面へ1時間前後で行ける事。私は独身時代、東京に3年間おりましたので、移り住んでからも月に何回か出かけ、現在に至っています。
3.食事は決められた食材で、厨房の方々が如何に入居者に楽しく食事をしてもらうか、その工夫と心配りが感じられ、現在、私が元気で生活しているのも、そのお蔭と思っています。
4.温泉付大浴場がある事。目下介護用の風呂も勘案されていますが、健康ならば、大浴場でゆっくり楽しめます。
5.建物は私の入居時、築後8年目で、現在は築後30余年経過していますが、定められた時期に大修繕が行われ、住んでいて古いと感じた事はありません。

上記以外にも、常駐のナースも配置されており、私も何度かお世話になりました。
私は現在88歳を過ぎ、昨年は館内行事で米寿を祝っていただきました。
結論として、元気で活動出来る間に入居して良かったと常に感謝しながら生活しています。

崎田 喜久代様

崎田 喜久代様

私は、伊豆山12号館に入居して8年が過ぎました。伊豆山に来る前には東京で生活をしておりましたが、ひとりで生活するには、心もとなく、またこれからのことを考えるととても不安でした。
ある人の紹介で、ここ伊豆山12号館を見学に来ましたところ、伊豆山12号館から見える眺望は私の心を和ませ、ここを終の棲家にしたいと決心させるものでした。
標高320メートルの12号館は眺望、自然環境、特に季節の移り変わる景観は何事にも代えがたいものです。

また、館での生活は、充実しており日々の食事は専従のコック、管理栄養士が私たちの体を気遣い、提供してくれます。また管理会社の職員が24時間常住していますし、ひとりで生活するにも不安はありません。
私たち居住者の健康管理のために看護師が常住して相談に乗ってくれるなど、私は安心して日々楽しく暮らしております。
ご一緒に生活なさっておられる方々も、穏やかで温かい方々です。

お問い合わせ・資料請求 0557-88-0111 お問い合わせ・資料請求はこちら

このページのトップへ