伊豆山12号館の特徴

サービス

アクセスマップ

[ 所在地 ]
静岡県熱海市伊豆山1130-20

[ 交通機関 ]
JR東海道本線「熱海駅」より約4.8km
車で約11分
「熱海駅」よりバスで約23分
バス停「七尾原」下車徒歩約1分

[ 介護対応浴場 ]


伊豆の山々そして海

photo photo

天空のウォーキングロード

12号館の顔フロント



理事長ご挨拶

第四回

伊豆山管理組合法人 理事長 長谷川恒雄

安心して生活できる伊豆山12号館へ

伊豆山管理組合法人が発足してはや3年近くになりました。目ざすところは我々メンバーが安心して生活できる伊豆山12号館です。
その為、管理組合法人の法的地位の強化や当事者能力そして経営基盤の強化に努める一方、建物設備の修繕強化、美味しい食事の安心安全の確保や介護保険利用、在宅医療の強化に努めて参りました。

昭和20年代から30年代はほとんどの人々は家庭で家族にみとられて旅立ちました。しかし現在はほとんどが病院等の施設です。高齢者介護施設での負担は其のほとんどが保険による国の負担となり歯止めがききません。
世界に冠たる日本の医療保険制度も破綻寸前であり、国は高齢者社会保障制度を大きく方向転換し、介護と医療の在宅型へ大きく舵を切りました。
ではどのように変わるのでしょうか。

消費税引き上げ分の大半は年金に使わざるを得ず、もともと医療と介護の間には境目などなく介護保険制度が開始されてから介護対策費が大幅に増えています。また医療費増大の原因は医療の高度化にあり、今後は財源の確保と高齢者対策費の節約が国の政策の大きな課題となります。多くの介護施設は今後国からのレセプト節約政策により優勝劣敗し施設経営者にとっても入所高齢者にとっても厳しい時代となるでしょう。
しかし介護保険制度では在宅介護の24時間定期巡回、随時対応サービスを国は推し進めています。この制度を利用し、中銀(株)、中銀ライブリーケアと協力し合い良いシステムをつくりたいと考えます。また中銀(株)の提案による「介護生活支援相談室」の設置開設をして、介護サービスを利用しながら長くライフケアで生活できるシステム作りを検討いたします。
なお、メンバーの皆様の健康生活への大前提である食事サアービスについては、伊豆山管理組合法人の定めるライフケア・サービス細則に則り、運営委員会にて厳重に管理され、食材選択や購入システムは出来る限り地場国内産を優先し、安心安全に配慮して万全を期しております。

第三回

昭和51年(1976年)、中銀創業社長渡辺酉蔵氏の思い入れ深く開設された中銀伊豆山12号館は、ロケーション、設備、食事、修繕計画、全ての生活環境が整い住人の満足度は非常に高いものがあります。建物については、長期修繕計画が良く機能し、大規模修繕を終え保全状態も優良にて、専門家より高く評価されております。また土地と建物の比率、全室南向き、全室専有面積40.00m2+テラス1.59m2、自炊可能でサービス付高齢者住宅より広く住み易く、中銀ケアマネジャーと従業員のサポートも優良にて、介護保険により在宅介護、在宅医療が受けやすくなり、住人の満足度は非常に高いものがあります。また月々の経費、いわゆる生活費も大変安く住人は満足しております。

現在の伊豆山12号館の物件(居室)の販売については中銀(株)所有物件、管理組合法人所有物件、共に買戻し条項付販売契約であり、これから購入入居される方は何ら問題がありませんが、組合設立以前に所有した物件の大半は買戻し条項が付かない専有部分として登記した区分所有物件です。因って来たるところのすべては各自が責任をもって対処する必要があり、相続継承者にひきつがれます。しかし経年の高齢化による世代交代期に入り、今後我々住人が抱える様々な問題に対し抜本的な解決策を見出すべく、平成26年(2014年)7月27日に伊豆山管理組合法人臨時総会を開催しました。

世代交代後の物件の売却に難があります。そこで管理組合法人は物件の流通に介在し、中銀(株)や他社不動産斡旋業者と協力して問題解決にあたることを可能にしました。また国の高齢者保険制度の方向転換、介護と医療の在宅型への移行を考慮した各種施策、小浴場(介護対応浴場)の設置(完工)等、明るく住みやすい中高齢者ケアーマンションとして、費用対効果において日本最高水準を目指しております。

ディレクターご挨拶


中銀ライフケア伊豆山12号館 ディレクター 西野 貴夫

2017年2月1日より着任いたしました徳永と申すものです。

私は、この熱海に住んで4年近くになります。伊豆を知り尽くしたいという思いから、伊豆半島の各地を回り旅を重ねてきましたが、この伊豆山12号館に初めて立ち寄った時の光景は忘れることができません。海が見える景色と山々が見える景色を一緒に楽しむことができる素晴らしい光景に息を飲みました。また素晴らしいロケーションと共に澄んだ空気と天然温泉や美味しいお食事、安心して暮らすことが出来る健康管理等魅力的なこの伊豆山12号館で楽しい日々を送ってみませんか?

絵画のような景色。それがこの館の一番の売りです。

Q.館の環境は?

全11のライフケアマンションの中でも、一番標高の高い場所に建つライフケア伊豆山12号館からは、どこまでも続く海と、伊豆の山々が見渡せます。まさに絵画のようなその眺望はお部屋からも眺める事ができ、この素晴らしい景色を独り占めしたような気分のなかで優雅に生活して頂けます。

Q.メンバー様はどの様な方が多いですか?

首都圏に住んでいた方が多くご入居されているのですが、熱海に来てしばらくすると皆様ご入居時より笑顔が増え、自然に明るく元気になられていきます。それも、この暖かい環境、そして景色、また新たにできた友人など生き生きと生活できていることがその要因だと思います。

風景・空間・人が交流する共有スペース

共有スペース
お問い合わせ・資料請求 0557-88-0111 お問い合わせ・資料請求はこちら

このページのトップへ